加工品の製造数について

マーケティング

よく頂く質問で、1日の製造本数について知りたい方が多いようです。

ピクルスの優れている点はなんといっても、製造工程がとてもシンプルところです。

野菜を切って、下処理をして、瓶に詰めて、煮沸する。

これだけで商品が完成します。
バイトを雇っても当日から製造ができるくらいです。

例えば、下の写真は昨日急遽注文がはいったので今朝私が8時から作ったピクルス80本です。

約80本ありますが、これが1時間で作れます。

店頭で販売する場合はマージンが抜かれないので、
750円×80本=60,000円

卸販売の場合は萩野菜ピクルスの場合は7掛けで卸すので
750円×80本=60,000円×0.7=42,000円

これが私の1時間の時給になります。

商品は当日つくって煮沸が冷めたらもう食べれるので、その日に販売ができます。
卸す場合も当日作って、その日に発送しています。

とても簡単なんです。

とにかくいかに手をかけずに量産するかをピクルスアカデミーでは伝授しています。
加工品経営塾参加申し込みはこちら
※受講生は参加できません。個別相談をご利用ください
https://lstep.app/form/33123/f8lLe5/53345a

無料資料ダウンロード

冬の超特別割引
12月31日まで60日プログラムのみ
176,000円(税込)→100,000円(税込)!

資料をダウンロードする

関連記事一覧

ピクルスアカデミーオンラインCM(約1分)